BioPure流体経路コンポーネント

  • BioClampBioClamp

    • ロット番号を成形
    • 強化ナイロン66 USPクラスVIで成形
    • ポリメトリック継手上のゆがみを低減
  • BioBarbBioBarb

    • ロット番号を成形
    • スムーズな流路
    • チューブからアダプタへのスムーズな移行
  • BioValveBioValve

    • ロット番号を成形
    • 最小限の流路の乱流
    • 滅菌に最適
  • Bio YBio Y

    • ロット番号を成形
    • 乱流を最低限に抑えてフローを分割
    • 滅菌に最適

     

  • BioEndCapBioEndCap

    • ロット番号を成形
    • プル・タブによってキャップを簡単に取り外すことが可能
    • 滅菌に最適
  • FlatBioEndCapFlatBioEndCap

    • ロット番号を成形
    • DMFにリストされたポリプロピレンから製造 
    • 滅菌に最適
  • Puresu使い捨てチューブ組立部品Puresu使い捨てチューブ組立部品

    • 流体経路技術のエキスパートによるユニークなサポート
    • 素早いターンアラウンドで最低発注量のない究極的な柔軟性
    • 完全追跡可能性、二重の袋入り、および標準で放射線照射済み
  • Bio Tube ApplicatorBio Tube Applicator

    • 品質と生産性の向上
    • 安全性の改善
    • 柔軟性の付加
  • BioPure会社概要BioPure会社概要

    BioPure Technologyは、1988年11月に法人化され、当初から製薬およびバイオテクノロジー産業への流体経路コネクタの供給に成功しています。BioPureは、英国内でプラチナ硬化シリコン管材料を初めて供給したことに誇りを持っており、独自の使い捨てコンポーネント・シリーズを設計および製造したことにより定評を得ています。
  • BioPure ビデオBioPure ビデオ

    • デッドスポットを削減するために設計された完全貫通穴
    • 完全に追跡可能とするためにロット番号を成形
    • ISOクラス7のクリーンルーム内で製造
  • 対話形式の施設見学対話形式の施設見学

    • 19,000平方フィートの施設
    • ISOクラス7に準拠するように設計されたクリーンルーム 
    • 最先端の射出成形機

     

US food and drug administration

BioBarb™BioEndCap™FlatBioEndCap™Bio Yは「ヨーロッパ薬局方第8版(2014)」および「ヨーロッパ薬局方補足8.104/2014)モノグラフ3.2.2 調剤用途のプラスティック・コンテナおよびクロージャ」に記述された医学的用途を意図した品目または品目のコンポーネントのために使用される材料に対する要件を満たすポリプロピレンから製造されており、「クラスIVテストを含む米国薬局方テスト」に合格し、次のFDA Drug Masterファイル番号が割り当てられています。DMF9040