DC12~24V電源を内蔵しているので、Qdos定量ポンプは機動性(可搬性)を高めます。

Watson-Marlow Fluid Technology Group(WMFTG)は、重要な役割を果たしてきた自社のQdosシリーズ薬液定量ポンプに基づいて開発された、DC12~24V電源で駆動可能なモバイルおよび遠隔用途向けの製品をご紹介致します。最新のQdosポンプは、電源が簡単に得られない場所や電源使用が実用的ではない場所で、制御された精密なポンプ定量注入を必要とするユーザーを支援します。

Qdosポンプは、従来のソレノイドポンプまたはステッピングモーター駆動型ダイヤフラム定量ポンプと比較して、非常に正確で直線応答に優れ、かつ再現性のある定量により、生産性を向上して薬液の無駄を削減します。結果として、扱いにくい流体を定量注入する場合、つまり圧力、粘度、固形成分が変化する流体の場合に、Qdosユーザーは薬液のコストを削減できます。この能力にチューブポンプ技術を組み合わせて、最適な流体の混合のため、連続した滑らかで正確なフローを確保します。

遠隔地で次の作業現場へ移動を繰り返す用途に適している新タイプのDC12~24V内蔵ポンプの主な用途の一部を列挙すると、農業の種子粉衣や農業水利、遠隔水処理・サンプリング、飲料水の滅菌およびトラック上でのポンプ作業などがあります。

遠隔用途では、ポンプは、太陽電池、その他の再生可能資源またはスプリットチャージリレーにより充電可能なバッテリーにより駆動が可能です。本製品は信頼性のある自己完結型で、追加部品は一切不要です。

最終的には、この新型を既存のWMFTGシリーズに追加したことで、現在では、電力が供給されていない用途や場所での正確な薬液の定量注入においてQdosは第一候補となっています。

 
  • 製品を検索してください

  • 最寄の連絡先を検索してください

  • ヘルプおよびアドバイス

    ヘルプやアドバイスのための私達に上お問い合わせください

    カスタマサービス サポート

    電話: +81 3 5918 8101

    Fax: +81 3 5918 8101

    クエリをメールで送信